上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日朝から軽いギックリ腰の症状で、仕事中は気をつけていたので、徐々に痛みは柔らいでいったものの、夜少し咳き込んで、また軽くギクッとなってしまった。 
夜はず~っと痛くって、なかなか眠れずお腹も張っている状態キープ。 
明日病院行くからと心配しながら布団に入った。 赤ちゃんの動きも激しかった、窮屈だったんだろうと思う。 
朝起きるとぎっくり腰の痛みが吹っ飛んでいた。 ちょっとした腰痛だったみたい。 

定期健診 初めて夫も病院へ。 
赤ちゃんが少し大きいみたい。 25Wで950g 
超音波だけで重さがどうして分かるのか不思議だったけど、頭とか体のサイズを測って計算することが分かった。 
先生も「計算なので実際とは違う場合がある」と説明、納得。 重さは気にしなくていいんだ。 
あと、「お腹まわりが大きい」と言われた。 夫は先生は「頭が大きいと言っていたような気がする」とのこと。 はて、どっち?? 
そして、逆子になっていることが判明
なんだかグルッとした大きな動きも多く、それが「逆子になっている」と言われた原因かな?とも思う。  「25週で逆子は珍しくなく、28週になっても治っていなかったら、体操を始めましょう。 今日から体操してもまた逆子になることがあるので、28週になってから」と念押しされる。 
今回の検診で初めて逆子だと言われた。 確かに前回の心音検診ではかなり下腹部で心音を確認してた。 
今日は、おへそ当たりで元気な心音を確認。 心音の位置で逆子か逆子じゃないか判ることが判明。 看護婦さんからは「元気がいい」と笑われる。  
私の体重も増えすぎることなく、「いいですよ。 努力してますね。」と言われ大喜び。 
病院帰りには大盛りパスタとピザを食べ、夜は母を誘って小料理屋さんに行き、フグの白子、フグのから揚げ、生がき、お寿司などを食べて、その夜お腹を壊す始末・・・ 
また明日から、食生活に気をつける生活を開始。 今日は好きな物を好きなだけ食べて満足満足。
今年に入ってから急にお腹が目立つようになった。 
年明け妊娠に気がつかない人が多かったのに、もう誰がどう見ようと妊婦体系。  
ただ、後ろから見て妊婦に見えないと言われるのは、やはり男の子のせいか?

たぶん、胎動だと思う(23週に入ってもまだ自信がなかったりするが…) 
夜、布団に入るときが一番動くかも。 今日かなり空腹の状態で晩ご飯を食べたら、すごく動いた。
あまり動くので食事に集中できず。
自宅でもノンカフェインコーヒーを飲むようになった。 
普通に眠れる。 さすがノンカフェイン! もっと早くから飲めば良かった
昨日の横っ腹の突っ張り感は消え体調が戻る。 
インフルエンザA型が会社でも会社の家族でも流行りだした
金曜日 横っ腹が朝から突っ張る。 天気は雨。 昨日より気温が5度以上下がっていた。
仕事が終わってもまだ突っ張り感が取れないので病院に電話をかけた。 
「突っ張り感以外の気になる症状がなければ心配いらないと思うが、もし翌日になっても違和感が取れない場合は来院してください」とのこと。 
「お風呂に入らず安静にしてください」とも言われた。 
自宅に帰ると体が冷たくなり、横っ腹の突っ張り感は取れたものの、洗顔する気にも布団に入る気力もなく横たわっていた。 
布団に入ったら元気になった。 もう少し早く布団に入れば良くなったのに・・と反省  
会社の人から寒いとお腹が張るから心配ないよ、これからもっとちょくちょく張るよと言われた。
これそうかな~?と思うお腹の動き。 
産婦人科の先生が超音波をあてる部分が動くのでこれが胎動かな?と思う。 
だけど会社の人たちが言っていたような、ミミズが動くような感じとか、横になるとニュルーっと動く感じとは違う。 
ん~、「20wから敏感な人が胎動を感じ始める」と病院の先生が言っていた。 
「これかっ!」とはっきり実感できるような動きが来るのか?
恐ろしいくらいの食欲、朝から軽くどんぶり1杯と食パン1枚を食べる  
夜はどんぶり1杯半くらい。  
体重も計画より超えているが、う~ん満たされるまで食べないと他に何も手に付かない感じ。  
胸の先端が黒ずみ始め、ショック。 赤ちゃんが探しやすいように濃い色になるという話と、日に10回以上の授乳に耐えられるように丈夫になってきている証拠という話を聞いた。
女の子だと思って名前まで決めていたが、男の子だと分かる。
超音波でモニター確認中、先生が「おしっこしてる!!」と楽しそうに話す。
「えっ、なんでわかるんですか?」との問いに、「ほら、ここ画像が乱れて見えなくなったでしょ?」との回答。 「あ~」なんて言いつつも全くわからなかった^^;
泌尿器系は無事動いているなと、少し安心する。

男の子の名前は全く考えておらず・・・夫も男の子と分かりちょっとショックのよう。
会社の人から「6ヶ月からは流産より早産を気にして生活した方がいい」とアドバイスを受ける 
「友達の子は5ヶ月という早産の子を育てているが健康だよー!」という勇気づけられる話も聞いた。 
妊婦検診で体重が増え過ぎ、しっかりお叱りを受けた…
(お正月 確かに好きな物をたくさん食べた^^;)

また別の人から「私が妊娠した時、総合病院から羊水検査の用紙を病院から貰い、その用紙には《35歳以上》と書かれていた、その時35歳以下だったので気にしてなかったが、どうして35歳以上は受診するのかお医者さんに聞いてみて」という話を聞き、先生に聞いてみた。 
すると、「20週に入ってから羊水検査してどうするの? 検診結果は2週間かかるし22週になると日本の法律では中絶もできないし、羊水検査で染色体異常が見つかったって、何もせずそのまま生むだけなんだよ? 羊水検査は赤ちゃんに対してリスクが高い。 35歳でという話は、35歳前に染色体異常が見つかるのは1000人に一人、35歳以上では300人に一人の割合が高くなるから。 その確立があるかどうかを調べるのに赤ちゃんを危険にさらす必要があるのかどうか…と、熱く語ってました(たぶん、羊水検査が嫌いみたい、だから私にも羊水検査について何も言わなかったんだと思う)
先生の気持ちは分かったが、個人的には羊水検査の受診有無に限らず、こういうものがあるんだということは知らせても良いのではないかと思う。
それとも私が無知すぎるのか!?
お腹が「張る」というのが初めて分かる。
鉄板になったように、お腹がカチンカチンになる。 深呼吸してリラックスリラックス。
張りが続くと薬を飲まなくてはいけないようだ。

電気敷布とゆるゆるスパッツをはいて寝るようにしたら、夜中の足のだるさが 更にかな~り和らぐ

深夜 夫と二人で近所の神社をいくつか回る
来年の元旦はどんな日を迎えるのか?
副帯をつける日(戌の日?) 結局つけなかった(笑)

妊婦ガードルをつけてみる。 
きつくもなく、保温効果もあり快適。 
もう一枚買おうと思う
足がいつも冷たいことに気づき、レッグウォーマーをして寝てから、かなり足のだるさが軽減される。 
冷えから足のだるさがきてたのか…
夜、下半身が だるくっててなかなか眠れない日が続く。 
毎日3:00~4:00amは、寝付けずに布団でゴロゴロして、足をマッサージしている。 
寝る前も充分マッサージしているのになぁ。。。本当に辛い
マタニティ下着を購入 
なんて履き心地がいいの!? もっと早めに買っておくべきだった。  
デカパン過ぎるが、すっぽりお腹が隠れるので腹巻が不要になった。
夫からは、そのままリングに上がれそうと言われる(確かに こんなでっかいパンツあるなんて知らなかった)

妊婦検診
血液検査の結果、異常なし
痒み止め、鎮痛剤、便秘薬をもらう(「ください」と言ったら「わかりました」と、あっさり処方してくれるのにビックリ) 
これ以上は・・と思って言えなかった腰痛になった時のための、薬を次回もらおうと思う
安定期に入る!
つわりが一度もなかったし、顔がきつくなってきた訳でもないので、会社の人から「女の子だよ~」と言われる。
つわりが無いのは、同じ女性ホルモンだから ぶつからないんだって。
仕事を早退し、母親学級へ参加。
妊娠中に気をつける食生活を勉強。
マタニティ服(主にズボン)を購入するが、着用してみるとまだ大きいが、もう妊娠前のズボン類はウエストがきつい。
サスペンダーをしてズリ落ちないように着用。 
妊娠線予防のために、会社のサンプル品の美容液をたっぷり塗り始める。 
要は皮膚の保湿だよね?
でも専用クリームの方がいいのかな? 

味覚が鋭くなってきたよう。 辛い・苦いに敏感になり、苦手になる。
腹巻とレッグウォーマー購入。 
妊婦は夏でも上記2点をして過ごすと安産らしい…
仕事帰り、市役所に母子手帳をもらいに行った。
私が、母子手帳を手にするなんて・・・まだ信じられない(いい加減腹をくくれって感じ(;^□^)
毎日眠い。 仕事してても、睡眠をたっぷりとってもいつも眠い。 疲れているから?
カルシウムと葉酸のサプリを飲み始めた
お酒をやめてから甘い物が無性に食べたくなる
毎日晩酌を欠かすことなくしていた生活。 年に1回の健康診断だけが休肝日という私(;^□^)
お酒大好きだから止められるかどうか自信が無かったが、飲んだら生まれるまで後悔するかもしれないと思うと、飲もうと言う気がしなくなった。
ただ、何か代わりになる飲み物が欲しい。
A病院の診断が信じられずB病院へ。。。
だって、もうできないと思ってたから これからは夫婦、家族で旅行を楽しむぞ!と計画もしていたのに。 どうして今なんだろう・・・
B病院での診断 妊娠6週と言われる。
嬉しいというより、信じられない気持ちと何だか不安でいっぱいになる。
本当にできないんだと諦めた時だったのに、よく諦めたらできるってこと聞くけど本当なんだ・・・


2つの病院に行ったが、通いやすく設備がきれいなA病院に今後お世話になることを決める。
乱れることなく定期的にきていた生理が遅れ、もしかして終わってしまったかも?何か病気かもなんて思いA病院へ。。
妊娠4週と言われ「うそー!」の一言。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。