上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
5/14~5/24 入院前日から退院までの日々。。。
超長いです。
... 続きを読む
スポンサーサイト
SN3D20090522.jpg 5月15日 3266gの男の子が生まれました。 愛称は「りゅう」です。
 これは生後7日目の写真です。
 逆子がなおらず、結局予定より2週間早く帝王切開で出産。
 10日間の入院生活を終えて、やっと自宅に戻りました。
 まだ生活のペースがまったくつかめておらず、戸惑っております。
 生まれるまで、毎日不安でいっぱい、ブログに書く勇気もなかったのですが、やっと報告できました。
 体力回復のため、しばらくブログはお休みします。 落ち着いたら、マタニティ生活、出産体験記など綴っていきたいと思っています。
よろしくお願いします~♪

努力の甲斐もむなしく、逆子が治らなかった・・・
検診後、別室で手術の手順について説明される。
夫、家族にメールで連絡。
2009.05.08 MD 入院準備
いろいろ用意したんだけど、入院時に病院からもらったお産グッズに必要な物がほとんど全て入っていて買う必要なかったなぁと思うものが多かったです。
入院前に一度、お産グッズの内容を聞いてみるといいと思います。

~お産グッズに入っていたもの(病院によって違うと思います)~
ガウン
産褥ナプキン
ブラジャー
コットン
アメニティグッズ
スリッパ
乳パット
産褥ショーツ
へその緒、お手入れグッズ

~自分で用意したもの~
分娩準備と合わせてご覧ください。
帝王出産(10日間入院)のため、使う量が多いかも・・・

小さなポーチ等(小銭などを持ち歩く時に)
筆記用具
Tパックのお茶等
化粧用品
帰りの着替え
ドライヤー
ヘアーブラシ
コンタクト用品
紙コップ
産褥ショーツ⇒4枚用意しましたが、帝王出産のためか、2枚でよかった。 その後はマタニティショーツで過ごしてました。
赤ちゃんの下着(1枚)、ベビー服(1枚)、おむつ(2,3枚)
母乳パッド⇒お産グッズに1袋入っていたので買う必要なかった
洗剤⇒以外と役にたった。 コインランドリーは病院になかったが、洗面台でちょこちょこ下着などを洗いました。 夫に洗濯を頼みましたが、こまめに洗い替えが届かなかったので・・・
夜用特大サイズのナプキン 1パック(少し残りました)
普通用~多い日用の生理ナプキン 1パック使い切りました。
ゴミ袋、紙袋

その他・・・退院してからでは、出産準備一時金とかの書類を書くヒマが無いので、書類等は入院前に記入しておくといいです。
2009.05.08 MD 分娩準備
ペットボトル用ストロー・うちわ・トコちゃんベルト⇒帝王切開には必要なし
冷えピタ⇒水が飲めないので気分転換にとても役立ちました
丈の長いパジャマ
メガネ・メガネケース
除菌ウェットティッシュ⇒術後はシャワー入れないし、立てないので手や首筋など拭きました
音楽プレイヤー
リップクリーム⇒病院は乾燥気味なので必要でした
ヘアバンド
母子手帳一式
サポート靴下⇒病院で医療用のサポート靴下が用意されていたので必要なかった。



検診で、やっぱり逆子が治っていなかった… 
次回5/8の検診で治っていなかったら、5/14入院、5/15手術、5/24退院に決まる。 
5/15の手術当日にもう一人逆子が治ならかった人が手術するとのこと。 
心電図、血液などの術前検査を行う。 
時間をかけて作ったバースプラン(出産時、病院に求める要望書みたいなもの)だけど役に立たない可能性大。

~私がたてたバースプランの内容~
・柑橘系のアロマオイルを炊いて欲しい
・呼吸法について常に指導して欲しい
・緊急で薬物投与になる場合は、夫に説明し、夫の同意を得てから投与して欲しい
・異常がある場合は早めに教えて欲しい
・分娩状況を細かく教えて欲しい
・カンガルーケア希望
・出産後丸一日は面会謝絶で夫婦だけで過ごしたい
・出産後は直ぐに“とこちゃんベルト”を巻いて欲しい
9ヶ月も後半に入ると動作も遅いし、すぐ呼吸が荒くなる。 
特に歩きながら人と話すと恥ずかしいくらい息切れしている(苦笑) 
行きは良い良いだが、帰りはちょっと、どこかで休憩してからでないとクタクタ… 
外出から帰ると昼寝するクセがついてしまったようだ。 
それに着用できていた服もピッチピチで外出には不向きな物も出てきた。 でももう買い足すことはしない。
逆子チェックのため病院に。
やっぱり逆子は治っておらず。 またまた左右はしっかり逆になっていた。
先生に「これ以上逆子の治療を続ける必要があるか」尋ねたところ、「諦めるって言うならいいけど、左右に動いているんだからまだ治る可能性はあるよ。 体操、お灸は絶対続けた方がいい!」と強い回答。 先生に「子宮筋腫は超音波で見えませんか?」と尋ねたところ、「よほど大きいのでなければ見えない」との回答。 更に「骨盤の形が男性型なんでしょうかね~」と聞いてみると、「あなた位の体の大きさ(ちなみに身長170cm、普通体型)なら、男性型であったとしても自然分娩できる可能性は高い」とのこと。 出産が終わったら逆子が治らなかった理由をぜひ調べたいものです。  でも!最後まで希望を捨てずに頑張るぞ! さっそく帰りにお灸と鍼治療も受けた。
マタニティヨガ5回目 
ヨガの先生に逆子がまだ治らないことを伝えると、「その位置が居心地いいんだね~」と他の人からも言われる言葉が返ってきた。 「そうなんですよね~」と私もいつものとおり返事。 
夕方ふと、居心地がいいのに、ムキになって治療などしすぎではないか?と考える。 
マタニティヨガに通って逆子治しのポーズを覚えたり、逆子体操を毎日欠かさず続け、鍼、灸の治療も定期的に続けている。 
ネットでも逆子について調べ、注意する点があれば即改善しているが、それでも治らない。 
そんなに居心地のいい場所(もしかしたら私の骨盤の形とか子宮に問題があってその位置をキープしなきゃいけないかも知れないのに)を見つけたのに、無理強いしていることに気がついた・・・
理由も聞かず(聞けないけど)この子にかわいそうではないか? 涙があふれてしまった。
 
やっと気分も落ち着き晩ご飯の支度をし、食事中、さりげなく(また泣きそうになるから)夫に「今度の検診で逆子が治ってなかったら、無理に気に入ってる位置から向きを変えようとするのは止めようかと思うんだけどどう?」と。 
夫は「先生に聞いてみたら?」とあっさり。 あれ? 自分の意見無し? と言うより深く考えてない? 
ふと肩の荷がおりたというか気が抜けたと言うか・・・確かに先生に聞いてみるのが一番だ。
服の上から見てるとお腹が多少動く。 
ただ、友達やヨガの先生が言っていたように、赤ちゃんの手や足が動くとお腹がWAVEするように見えるという。 
WAVEの様子をビデオで撮影した人を数人知っている(笑) そんなに面白いのかとちょっと楽しみでもある。 
ただ逆子の場合、足が下にあるので見えないかもo(T□T)o
体重増加で歩くと足の裏が1時間以上立ったり、歩いたりすると痛くなる。 特に かかとが痛くなる。 
太ると足に負担が…ってホントしみじみ感じます(泣)
妊婦のための歯科検診に行く。 
虫歯は無かったので一安心だったが、歯ブラシが柔らかすぎて上手く磨けていないところが数箇所あるようで、歯科検診後、歯垢染色液と歯ブラシを歯医者さんから購入して帰宅
昨夜は、鍼&お灸治療のせいか、ずぅーっと胎動バリバリ動く。 
私も影響を受けたのか眠りが浅く3:30に少し起きてまた床につき、5:30には起床。 
朝一番で鍼灸院受診、その後妊婦検診。

逆子状態は治っておらず… 左右の向きは変わったようだけど、上下の逆は相変わらず… 
先生は「逆子の8割は治るよ」と言ってくれたけど、その8割に私が入るのかどうか不明。 
左右の向きが毎週変わるので先生に「へそ尾が首に巻きついている心配はありませんか?」と聞くと、カラードップラーという超音波で調べてくれ「首に巻きついていないけど、体に巻きついているかどうかは調べられない」とのこと。 
体、頭等の大きさ等については順調に成長している様子。
鍼とお灸を受ける。 
鍼は怖いからお灸だけと思ってたけど、「先に鍼からやりますね」と当たり前にように言われ何も受けず「お願いします」とゆだねた。 
鍼治療は何度か受けたことあるけど、今回の鍼(足の小指の爪辺り)は痛かった。 お灸も熱かった。 「妊娠すると痛みに対して敏感になりますよ~」という先生の言葉的中。 
予定日から逆算して治療は4月いっぱいまでとのこと。 
妊婦検診補助券が5回→14回に増えたということで早速手続きに。  
夕方、逆子チェックで病院に。 治っていなかったが動いている様子。 昨日まで左を下にして寝るように指導されていたが、今日から右を下にして寝るように変更。  
お灸の効果について先生に聞いてみると、「なぜ足の付け根のツボが胎児に影響を与えるのか分からないけど、お灸で治ったという人がいるのが事実。 一度の治療で治らなかった人でもお灸で、赤ちゃんがすごく動くのが分るんだって。 やってみる価値はあるんじゃないの?」とのこと。 
早速使えるかなぁと思っていた補助券は逆子チェックの場合は対象外らしく実費だった。
会社のママさんたちと仕事帰りに喫茶店へ。 
出産とか、子供の成長とか仕事の話に花が咲き、あっと言う間に2時間経過 昨日も帰宅が10時過ぎてたし、今日も帰りが遅かった。
送別会をしてもらった。 
イタリアンレストランでコース料理を堪能。 ワイン、カクテル、ビールに囲まれてソフトドリンクと、ケーキのお供にホットミルクで大好きなお酒は我慢我慢。 私には最後の晩餐になりそう… 
4月に入ったら、摂生に努めます!
仕事を早退し、後期母親学級参加

母親学級で、バースプラン(分娩についての希望 例えばアロマを炊いて欲しいとか、音楽を流して欲しいとかいろいろ)の紙を渡された。 呼吸法や、陣痛が来ていつ病院に行くべきか教えられた。 あと“あぐら”がおすすめのマタニティスタイルと教えられた。

母親学級が終わってから検診。 驚愕の事実が!!! また逆子になっていた。 うそーー!
しばし頭が混乱。 がっくり…  
診察後、別の部屋に呼ばれて逆子体操を練習。 またまたネット情報によると、34週までに治らなければ、帝王切開の可能性もあると書いていた_| ̄|○  それに加え前回の検診から3週間もたっていないのに、体重が前回より+3kgになってて目が点(◎o◎;)  確かに最近の食生活でこの結果が出て当たり前。
夜布団に入ると、鼓動のようなトン・トン・トンという響きが続く。 これ心音? 
赤ちゃんの心音は人の3倍の速さなので遅い… もしかして弱ってるo(T□T)o? 何か信号送ってる?
不安になり、夫に相談。 ネットで調べてくれてそれが“しゃっくり”だと分かる。 31週から定期的に感じるようになるらしい。 ホッ。 
階段の登りがきついと感じ始める今日この頃。 
歩く速度や動作が明らかに遅くなった。 
ランチ後の仕事は胃が苦しくなるので食事は腹八分に心がけている。 
体験マタニティヨガ 
あいにくの雨でキャンセルが多かったとのこと。 結局生徒は私を含めて2人。 
その人から「見たことあります~」と声をかけられ、先週の両親学級で一緒だったことが分かる。 
Hさんは、私より2週遅れの27週だった。 25週の時に逆子と分かり、次回まだ治ってなかったら逆子体操を始めると言っていた。 
同じ逆子経験でとっても身近に感じた。 もちろん、私よりだいぶ若い(;^□^) 
先生と3人のヨガはとても家庭的でリラックスできたし、丁寧に教えてもらったりとても良かった。 
ちょうど近所(と言っても歩いて行ける距離ではないけど)にマタニティヨガがオープンしたが、もっと早くオープンしてくれてたらなぁ。 あと何回通えるのか・・・ 
今後、産後ヨガも開くそうなので、今後に期待といったところか・・定員は10名とのこと。 
今月はあと2回日曜日の教室で来月は仕事もないので、月曜日のクラスに申込んだ。 
ヨガ中はとてもよくお腹が動いた。 Hさんも「激しく蹴ってました~」と楽しそうだった。
出社も残り3週間。 それを考えるとブルーになる。 
仕事は疲れる時も通勤も苦痛な時はあるけど、会社の人たちから毎日情報を聞いたり、お腹のことで相談したり、笑い話をしたり、外食したりと気晴らしになって良かったのに、仕事を辞めたら朝から晩まで一人でお腹のことを考え続けそう…・
後ろ向きな性格の私、いつも不安な気分に陥りそう・・

マタニティヨガ体験の為に病院に「同意書」を発行してもらった
ランチ中、胃の辺りからおへそを通り、下腹部まで1本の筋が入る(傷跡、手術跡のような感じ)けど、それは妊娠線ではないよと教えられた。  
あと、胸が大きくなってくるから青筋が出るよとも…  
胸の青筋については気がついていたが、1本の筋については、これからなんだなと思ってた。  
入浴中に見てみると、しっかり言われた通りの線がしっかりできていた(; ̄ー ̄A  いや~びっくり。それとともに、立っていると、もうつま先が見えないほどお腹が大きくなっていることに気がつく。 
そろそろ下り階段で自分の足が見えにくくなるよという次のステップになるのか?
両親学級の日、45組の初出産夫婦が参加。 
3時間という長時間だったのに、アッという間だった。 
ご近所さん同士(4組)に分かれ自己紹介の後は、おむつの取替えや沐浴の仕方などを勉強。 
出産月も産院も同じだったのに、私以外、みんな里帰り出産だった…
それも今月、来月中にはみんな実家に帰ると言う…  小児科が併設されていない個人病院で出産するので、今後この人たちと会うことがあるのだろうか? 
終わって、近くのとんかつ屋さんに寄ったら、5組くらいの夫婦に会った。 目印があるから直ぐ分かる(笑) まだ午後4時だって言うのに とんかつ食べるとは、やはり妊婦は腹減ります(笑)

~両親学級で学んだこと~ 
覚えてることだけ書きます。。 
・予定日通り生まれるのは全体の3%  
・おしるしがあったら、色と量を覚えておく。  
・陣痛中は消化のいい物を食べる。  糖分の入った水分を摂る。  
・子供の視力。 3歳半で平均0.5くらい。 最初は寄り目である。  
・3,4ヶ月で指しゃぶりを始める。 
・3,4ヶ月までは足を持ってのおむつ交換はしないこと(理由は忘れた^^;)
 それまでは足をM字にしておむつを交換する。  
・2ヶ月したら腹ばいにする。 お座りの前に腹ばいを覚えさせる。 理由は忘れた^^;  
・1歳で胃の大きさは200cc程度。  
・敷き布団は固い方がいい。  
・子供用毛布は用意する必要がない。  
・ベビーパウダーはつけた部分が湿気状態になるので、決して買わないこと。  
・ミトンは手の平の感覚の発達が遅れるので、つけない。  
・耳温計は余り正確ではない。  
・歩行器はO脚を招くので購入しない。
妊婦検診で逆子も治っていて、成長も頭、胴回り、足など各部位28~29週の大きさと言われ一安心。
先生から逆子について、「また逆子になる場合もあるよ。 とりあえず今は体操の必要はないね」と言われた。  
またそうなる可能性があるなら予防として体操をしてはいけないのか(ー'`ー;)? 
家に帰ってから聞けば良かったと思った。

血液検査で、あと一歩で貧血と診断される数値だったことが判明。 
先生は何も言わなかったけど、今日から鉄分サプリを一粒多く摂ることにした。 
妊娠8ヶ月に入ってからは、今までよりも少し多めに鉄分を採る必要があると本に書いてあった。 
確かに最近起き上がるとちょっと頭痛(10秒くらいで治るけど)があった。 
それに加えてDHAサプリも取り入れることに…

今日の超音波の写真を見て、一つだけ事実が分かった。 
この子の鼻、だんごっ鼻で、私そっくり。  鼻は夫に似て欲しかったなぁ。。。
 
私の体重も3週間で+0.8kgで順調! 検診後のランチはいつも楽しみ。 今日もパスタ大盛りとピザ、家に帰っておやつも食べた。
最近、ウエスト調節して履いてきたマタニティズボンの中でも ウエストがきつくなってくる物が何点か出てきた。 
8時間座りっぱなしの仕事なので、ランチを食べた後は特にお腹がきつく感じる。 
ワンピース1枚しか持っていなかったので、もう一枚増やした。 
最終出社日まであと少しなので、これ以上洋服を増やさずに過ごしたい。 
最近眠りが浅い。 
3:30~5:00近くまで目が覚めている(布団に入ってるけど) 
それから眠るので午前中の仕事は眠くて仕方がない。
少しずつ、靴下を履くのが辛くなる… 
友達から爪を切るのが大変になり、ダンナに爪を切ってもらっていたという話しを聞く。
あと、下り階段では自分の足が見えないから気をつけて、おへその掃除が楽になるなんて話しも聞く(笑)
晩ご飯を食べ、コーヒーで一人ホッと一息つく。 
お腹が動いた。 いつもなら何とも思わないなのに、急に不安が広がり涙が出てきた。 
泣く理由が分からないが、不安とともに、すごく悲しくなり泣いてしまった。 
これがマタニティブルーなのか… 10分くらいで落ち着いたけどね。
月曜日の仕事はハードだった。 
帰りの電車で胃がむかつき始め、家に帰ると吐き気が…。 
いつも履いているジーンズがきつくて、胃を締め付けてしまったのか? 
徐々に状態が悪化。 胃が痛み出し、とりあえず横になる。 どう体の向きを変えても胃痛と吐き気が治まらず、帰ってきた夫に話す。 
夫はネットで検索して痛む部分にカイロを貼ってくれたりするが、結局、朝まで痛みと吐き気は治まらず。。。 
翌日、病院に状況を説明。 「胃腸炎だと思うので、内科に妊婦だということを告げて薬をもらった方がいい」とのこと。 
この痛みや吐き気が赤ちゃんへ影響しないのなら、薬は飲まずに我慢しようと決意。 
結局、18,19日の2日間会社を休むことに。 またまた会社のママさん達に話をし、胃痛とか吐き気はこの時期から普通に起こることで約1ヶ月くらい続くとのこと。 体重も1kgダウン。 
会社のママさん達の存在は本当にありがたい。 これから起こる体の変化や、マタニティ服の選び方、ちょっとした心配事を話すと誰かしら経験者がいて教えてくれる。 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。